線維筋痛症

 

線維筋痛症とは、全身のあらゆる場所で激しい痛みが発生する病気。全身慢性疼痛疾患です。痛みは筋肉痛などとは違う痛みで、一般的には”うずくような痛み”と表現されることが多いようです。

 

線維筋痛症の原因は不明で、対応は今のところ確立されていないようです。

 

線維筋痛症になりやすい人は、一般的に40代から60代の女性に多いと言われています。

 

人口の約2%〜5%が線維筋痛症にかかっているという推定がされています。しかし、通常の検査では全く異常が出ないという特徴があげられますので、線維筋痛症と診断されて医者にかかっている人の割合いはとても少ないようです。

 

また、線維筋痛症の患者さんが同時に発症しやすい症状として、こわばり感や倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ感、自律神経失調症、過敏性腸炎、微熱、ドライアイなど・・・。どの症状も周りの人に理解されないという苦しみを訴える患者さんも多いようです。

 

 

☆彡

 

同時に発症している症状を見ても分かるように、このような症状を訴える方々の多くが同じような問題が原因なのです。その問題が改善されると症状は開放に向かいます。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
江東区,カイロプラクティック,門前仲町冬木の治療院,整骨院,整体,交通事故治療,アトピー,難病治療